トップ キリンのひとりごと
キリンのひとりごと
 

「キリンのひとりごと」はオキナワグラフ(新星出版)にて連載されている法律エッセイです。弁護士法人那覇綜合(旧 宮﨑法律事務所)の所属弁護士が交代で記事を毎月執筆しています。憲法のこと、裁判員裁判のこと、沖縄の地域生活など、時節に合わせたタイムリーなテーマをとりあげながら、暮らしに関わる法律のおはなしを分かりやすく解説します。

 
【キリンのひとりごと Vol.20】 「憲法あれこれ」(宮﨑政久)
2012年 5月 10日(木曜日) 00:00

 

オキナワグラフ 2010年5月号掲載

 

 5月3日は憲法記念日です。日本国憲法は、昭和21年11月3日に公布され、昭和22年5月3日に施行されました。

国民の祝日について定めている法律、その名も国民の祝日に関する法律では、「国民こぞって祝い、感謝し、記念する日」を国民の祝日とするとしています。その中で、憲法記念日は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」日としています。日本国憲法が公布された11月3日は、「自由と平和を愛し、文化を進める」日として、文化の日とされています。国民の祝日を休日とすることを定めているのも、この法律なんですよ。
5月にはほかにも国民の祝日がありますね。5月4日みどりの日は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」、5月5日こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ための日です。
続きを読む...
 
【キリンのひとりごと Vol.19】 「新生活へのエール」(宮﨑政久)
2012年 4月 10日(火曜日) 00:00

 

オキナワグラフ 2010年4月号掲載

 

 
 4月、さわやかな季節ですね。子供たちは入学、進級し、大人は就職、異動と、この4月をひとつの区切りに新しい生活がスタートする方も多いことと思います。
 あたらしい生活がスタートする皆さんにエールをひとこと。
 
 不安は立派だ
 
 皆さんも、新しい生活に不安がありますよね。新しいクラスで友達が出来るか?新しい職場でうまくやっていけるか?環境が変わるときに不安はつきものです。そんな時には自然体がイチバン。自然体っていうと分かりにくいのなら、素直に反応するということでしょうか。周囲の人の言葉を素直に聞き、自分が思うままに素直に反応する。あなたのその反応には、これまでの生き様が反映します。あなたが今そう反応するのは、これまで生きてきたすべての経験、親から受けた教えやあなたが考え、体験したことのすべてから導かれています。いってみればその反応があなたそのものです。ですから、今、この場で取り繕うことを考えてもうまくいくものではありません。
続きを読む...
 
【キリンのひとりごと Vol.18】 「裁判員裁判雑感」(伊東 幸太朗)
2012年 3月 10日(土曜日) 00:00

 

オキナワグラフ 2010年3月号掲載

  
みなさんこんにちは。先月に引き続き裁判員制度についてお話ししたいと思います。先月号でも告知しましたが、私は1月に那覇地裁で裁判員裁判の弁護人として参加しました。県内では3番目の裁判員裁判事件でした。
そこで今月は、私が裁判員裁判に弁護人として参加した感想なんぞを語ってみたいと思います。
ただし、弁護士には守秘義務というものがありまして、任務遂行に当たって知った情報をむやみに話してはならないという義務もありますので、差し障りのない範囲でお話しします。
続きを読む...
 
【キリンのひとりごと Vol.17】 「裁判員裁判について」(伊東 幸太朗)
2012年 2月 10日(金曜日) 00:00

 

オキナワグラフ 2010年2月号掲載

  

 裁判員裁判とは?
 
この記事を読んでいらっしゃるあなたはもしかして裁判員ですか?裁判員候補者でしょうか?

 昨年5月から始まった裁判員制度。沖縄でも昨年12月に初めて裁判員裁判が開かれました。1月にも2回開かれ,今月以降も開かれます。

 裁判員裁判とは,一部の刑事事件について,一般市民から選ばれた裁判員6名がプロの裁判官3名とともに裁判をする制度です。裁判員は裁判官と同じ立場で事件を見て,自分の頭で考えることになります。裁判長はプロの裁判官が行いますし,判決もプロの裁判官が書きますが,何が正しいのか,有罪なのか無罪なのか,懲役何年にするべきか,執行猶予にするべきかなどは,自分で考えて意見を言わなければなりません。
続きを読む...
 
【キリンのひとりごと Vol.16】 「よのなか科」(宮﨑政久)
2012年 1月 10日(火曜日) 00:00

 

s)2010_01.jpg

オキナワグラフ 2010年1月号掲載

 

学校の授業科目にはいろいろあるようですが、先日、興南中学校で「よのなか科」という授業に参加しました。これがなかなか興味深いものです。
この授業は、「よのなか」、つまり世の中で正解のない問題を取り上げて、教師ではない大人(保護者)と生徒が一緒に考え、議論するというものです。  

 また、テーマ設定がおもしろい。「お金と人生と自分の関係」、「中学生はもう大人?まだ子供?」「ハンバーガー屋さんの店長になってみよう!」「命は誰のものか~自殺と安楽死を考える~」いずれも、まさに正解のない命題であることから、大人も生徒も一緒に考え、悩み、議論することが出来るのでしょう。

  先日は、「あなたなら死刑判決を言い渡せますか?」という授業に参加しました。

続きを読む...
 
«最初12345最後»

2 / 5 ページ